先週の日曜日、ブナの木を植える会主催の“六甲の森周遊ハイキング”に参加してきました。
午前中は、六甲山自然保護センターで、六甲で見られるさまざまな森の成り立ちや特徴、六甲の森が抱えている問題など伺い、午後は、講師や世話人の方々といっしょに、摩耶山、そして六甲山紅葉谷付近のブナ林を巡るハイキングでした。
極楽茶屋跡には、ブナの木が育樹されていて、美人の木?と名付けられているブナの木の付近には、ブナの種(右下画像)が落ちていました。
左下画像は、ブナの木の葉っぱを、スタッフの方がパウチ加工してくださったもので、これを持っていると、“ブナん(無難)な人生”がおくれるそうです、ありがたやぁ
ブナの種パウチ加工のブナの葉っぱ
ブナ林は、洪水を防ぐ緑のダム、土砂崩れを防ぐ緑の堤防とよばれているそうです。 ぜひとも、ブナの木が育って欲しいものです、が、それは、なかなか、むずかしいようです。

極楽茶屋跡では、“ムラサキツリフネ”が咲いていました。
左上の方にあるサヤみたいなものを触ると、ホウセンカなどと同様に種子が弾けて飛び散り、サヤがクリンクリンになります。
ムラサキツリフネそして、この赤トンボらしきものは、“アキカネ”というトンボだそう。 10日ほど前、トゥエンティクロスの河原を渡り終えた休憩ポイントで、うぢゃうぢゃ、舞ってました。秋本番です
アキカネ
    FC2ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けたら 嬉しいです。
             FC2ブログランキング用バナー 
先週の土曜は、六甲山最高峰から国史跡・会下山遺跡をめぐる朝日・六甲ケーブルハイキングに初参加です。
六甲ケーブル下駅六甲ケーブル
最初は、集団にまぎれて歩いていたんやけど、あれよあれよという間に、続々と後者の方に追い越され、最後尾に・・・
六甲ガーデンテラスに着いただけで、すでに、ヨロヨロ~
六甲山最高峰このガーデンテラスから六甲山最高峰まで、すぐに着くかと思ったら、これが、大間違い!!!!
最高峰とゆーからには、登ってゆくのだろーと思っていたら、下る、下る・・・。
頂上を目指しているのに、なっ、なんで、下って、下ってゆぐのやぁ~、道路を横切り、延々と歩き(大げさ?)、そして、登ってくとゆー苦行。して、その後、やっと、“六甲山最高峰”に辿り着いたのでありました。
おぉぅ、こっ、これが、最高峰か、と、感動したものの、ピーカンので、日差しで、激熱
そそくさと、最高峰をあとにしたのは、云うまでもにゃぃ
あとは、七曲りから雨ヶ峠、そして、眺望とイノシシで有名な“風吹岩”を経由して・・・
風吹岩にて
さらに下ってゆき・・・"蛙(カエル)岩"を拝顔。
蛙(カエル)岩
蛙岩は、こっち側より向こう側からの方が、蛙に見えるらすぅぃ・・・です
ふらふらになりながら、解散場所の阪急芦屋川まで・・・と、約15キロにわたるデブには、ちょとハードなハイクでしたが、スタッフの方が、滑りやすい難所や分岐点にいらっしゃったり、ルート表示や励ましの言葉が、きめ細かく張り紙してあって、初めてでも、ゴールできました。
スタッフの方の気遣いに、とても感謝感激です。 とても、貴重な経験ができました。
      FC2ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けたら 嬉しいです。
             FC2ブログランキング用バナー