そう云えば……・・毎年、この時期、ううん、もうちょっと早い時期
“ツツジ”は明るい日射しをうけて咲きまくっていたような…・・
だけど、今年は雨の日が多くて、元気がなかったように思うんだけど
気のせいかな?

あっ、これは、会社の周りに植えてあるツツジ。お昼前に撮りました。
今年のツツジ
今年の梅雨入りは、いつかなぁ~? そいで、夏は暑いのかなぁ~?

日曜日、春の出会いに期待して小綺麗にすべく 散髪 に行って来ました。
         (※以下、前ブログより画像は引用)
散髪1

毎度毎度のことながら、床屋では、超ぉ~ テン張っちゃうのであります。

だって、ほらぁ~、スペシャルなヘア~スタイルぢゃけん、恥ずかしんやぁ。
それに、話し下手ぢゃけん、担当の方は
“あまり、世間話をしない方でもOKな方をお願いしまつ…”ってお願いしたりして。
で・・・
散髪2
ふぇ?
散髪4
ぬぁ~んて思われるかもしれへんけど…。

散髪4
     お後がよろしい よ・う・で……・。
持って帰って来る時、気ぃつけてたんに傾いちゃってたから、キャラメルが溢れちゃいそうな勢いになってるけど、大丈夫でぇい!!!   漏れていませんでした。
すっかり大繁盛の “ケーニヒスクリーネ” さんの “ベルリン” です。2個で378円。
渋皮付きの栗がゴロンゴロン入っていて、お得度、満点やぁ~♪
ベルリン
ほんまに此処のスィーツはどれもお安くって、美味しくって
大人気なのは、頷けまんなぁ~。

モグモグ…、パクパク…、2個…、一気食いも楽勝やな。
阪急三番街の地下にある“ごはん処 司”さんの“角煮コロッケ定食”(880円)。私の大好きな定食屋さんです。
角煮コロッケ定食
此処は、白飯が旨い。それと、この自家製コロッケ。
自家製コロッケ
衣がサクサクっで、中身がトロっとしていて、めちゃ美味しいの。“司”は茶屋町とか姉妹店がいろいろあるみたいだけれど、この880円のコロッケ付き定食は三番街店だけみたい。
豚の角煮も柔らかくって丁寧できっちりと仕事がしてあるなぁって思う。
ここで、お昼ご飯を食べると夕方まで、お腹が空くこともなく、おやつとか摘み食いしないで済んじゃうから不思議ぃ~。
豚の角煮のほか、鯖の煮付けもあって、それも大好き♪ほんまに美味しい、ごはん処屋さんだなぁ~って思う。
ごはん処 司

コントレックスみぃ、みっ、 “水” を買うなんて!!
この、あたいが “水” 
買うなんてぇえええええ!!!!

水道水で充分!なんで、わざわざ、水に銭を払うんにゃぁ?
アルコホルも含まれてへんのに、とんでもねぇ~!!
って、思っていたんだけど…買っちゃいました、通販で…

   なんで?って…、
   
   なんで?って…。

それあ、痩せたいからぢゃぁ~ああああっ。

あっ、ぁあっ、でも、3箱は買い過ぎ?んにゃぁ、“情ぉ熱ぅ”の“嵐ぃよぉ~!!!!”情熱

お花畑
湿気もなくって実に爽やかなのになぁ~
天気がええのは、本日限りとか…・・
明日からはまた、お天気下り坂になるとか…・・
               残念やなぁ~










雷鳥バレー 菓子箱
出張のお土産に“雷鳥バレー”を頂戴しました。
おまんじゅうが入っていた箱が、あらら!! 千代紙風で可愛いいやおまへんか!!!!
捨てるの、もったいなぁ~い…、そう思って菓子箱を貰って帰ることにしました。

こういうことは日常茶飯事で、菓子箱の他に包装紙とかヒモとか…部屋も狭くて置く場所がないのに、いってぇ、何に使ぉうちゅうねん!と思われるかもしれへんのに
つぅっ、つい、お取り置きしてしまう自分の性(サガ)(;。;)
もっちのろーん、お煎餅の缶カンは、捨てられましぇ~ん!
先週、梅田の阪急百貨店の1階特設売り場を通りかかると
大好きな “月光荘” のスケッチ帳が売っていたので買っちゃった♪
月光荘のスケッチ帳
色目が渋い目系のしかなかったのが、ちょっと残念だけど
1冊165円だから、思わず、3冊…!! うぴょぴょぴょぴょ

ちと買い過ぎかにゃ!?

んにゃあぁ!!!! ええねん。
だって、なかなか月光荘まで買いに行けないんやから
今、買える時に買っておこうって思ったんやもん。
せやから、ええねん。 あぁ、めっちゃ嬉しい。 し・あ・わ・せ。
おろし醤油
つるつるのシコシコをさっぱりと“おろし醤油”の冷で。
大根おろしと刻みネギがたっぷりで美味しかったな。
これで、330円。 また食べに来ようっと♪

JR神戸のプロナメ神戸の“ぶっかけうどん”屋さんで。
深酒


あ”ぁああああぁぁあ…。
深酒して支離滅裂になってしもおた。

だぁ~みだこりゃ。

 

菖蒲1  菖蒲2


“菖蒲(あやめ)” は、えぇなぁ~

浴衣に、あやめ模様…、青い和の花は、潔くってええなよなぁ…

もうちょっと、ポップに描きたかったな。

梅田阪急百貨店の地下1階にある、 “黒船”  “黒どら” 
黒どら
※下の画像は栞を撮ったものの一部分です。
意外や意外!! カステラの部分がモッちりしていて黒糖の甘みがしてええ感じ。
小豆あんも甘みが押さえてあって、ほどよい。ちょっと小ぶりなので、2個位は、余裕のヨッちゃんでぺろり。
夕方会社帰りにのぞいてみたら、売り切れていることが多いんやけど売り切れるはず…、確かに美味しい。
ぢぇんぢぇん関係ないけど、“黒船”っちゅうと、どうも三船敏郎が浮かんでくる。 わたしだけ?
勤務先のガラス窓はグレーがかっているので、晴れていても曇り空みたい。(暗いのぉ~)
実際、午後からお天気は曇ってきたみたいやけど…。

でも、今朝(15日月曜)の通勤途中は、道脇の街路樹も青々と葉が実り 空は青く澄み 実に爽やかで
朝は鬱のわたしも 浮かれポン吉 になっちゃいそうぢゃった。
五月晴れ

あぁ、これが、
日曜日、うろちょろしていましたら、アトムとサザエさんのポストカードのようなものが
マキシマムカード
5枚セットで50円で売っていたので、これは安い!っと思って買ってみたのです。

お家に帰って入れ物の紙袋を見てみると、裏面にこれは
マキシマムカードとは
切手の意匠に共通あるいは関連したデザインを描いたカードの上に
その切手をはって記念押印できる郵趣品のひとつです。
また、この台紙は、絵葉書としても使用することも可能です。

とありました。

とにかく、絵ハガキとして送ることは出来るみたいやから、一安心。
しばらくは眺めて楽しんでいようぉっと。
※ 間違って削除してしまったので、リトライです。  あぁ~ああぁあ、(;。;)

私が、今使っている “机” は、随分前に買ったもの
机1


机2


でも、本やノート、パソコンを置いたりしていると
脚がパイプ製なのでその重みでプルプル震えたりする
机3


だから、
机4


でも


部屋は相変わらず、狭いから
机5

やっぱり、無理かな。 とほほほ…



野山

にゃんは喜び野山を駆けめぐる季節になりました。

GWの“札幌小樽の旅”については、これで終わりです。

最後は、らーめん共和国やかま栄のあるエスタの地下1階で買っておいた
“ぽっぽまんじゅう”(6個入500円)を取り出し、機内サービスのコーヒーと共に…。
ぽっぽまんじゅう
試食してみて、これは旨い!!!!  と思ったからお土産にしました。

って、いきなり自分が食って ますがな!!!!


話は変わるけど、今回の旅、ほんまに思い切って行って良かった・・・。
また、どこかに行きたいにゃ。
その為には働いて(でもお給金は少ないので)、倹約して、お金を貯めなくっちゃ!!!!

小樽ジャージープリン新千歳空港は、お土産物屋さんでいっぷぁい。
搭乗までの明き時間に、ウロチョロしていているとLeTAO の “小樽ジャージープリン” が売っていたので購入して飛行機をみながら食べました。
上の白い部分は、濃厚なミルク味…というか練乳っぽい味がしたにゃ。
プリンは中位の堅さでキャラメルは汁タイプ。
うみゃぁ~。 ほんまに噂通りの美味しさでした♪
御代は1個350円でいた。

カシススムージー

北大散策の後、帰路に向かうワケですが、途中ポカポカ陽気でノドが乾いたので
PASEO 1階 Little juice bar “カシススムージー” (480円)をがぶ飲み。
あのコーヒーの系列なのかな~。お店にロゴがありました。
ココは野菜ソムリエの資格を持っている方がサーブしてくれはるそうです。
とてもフレッシュで、カシスも一杯入っていて、美味しかったです。
上に乗っているカシス増量はGW期間だけのサービス!!!! 満足、満足、大満足でした。 

   
最後は、ちょっと時間があったので、北海道大学の“北大総合博物館”に立ち寄りました。お目当ては、恐竜の絵を栞で見かけたからです。一度実物を見てみたかったんです。それに入場が “タダ” っちゅうのも魅力的です。
北大総合博物館恐竜
左が“ニッポノサウルス”(日本竜)、右が“デスモスティルス”(大型ほ乳類)です。
予想外にチョット小ぶりでしたが、やっぱりこんな生き物がおって動いちょったら…と思うと、怖いです。それと・・・珍しいものを見たなと思ったのは・・・
マンモス
マンモスのコーナーで、此処では、マンモスの毛や牙、歯、臼歯が展示してあって、歯と臼歯には実際に触ることができました。
あと、わたしが時間をかけて見入ってしまったのが、化石や鉱物、隕石、地質の標本です。
標本の数々

遙か遠い昔の化石、そして、何年もかかってちょっとずつちょっとずつ出来たんだろうなぁと思いながら石や地質の層を眺めていると、時間を忘れちゃいそうでした。
いやぁ~、自分でもこんなに石とか土に惹かれちゃうなんて、思わなかったとです。
とにかく、標本の数が多いのにも驚かされました。すごいです。

そんなこんなで、新渡戸さんやポプラ並木まで歩いてみると、お腹が空いてきたので、学内の生協 “中央食堂”で食事をしました。
学食わたしが食べたのは、カレー、いんげんの胡麻和え、そして道内大豆で出来ているという寄せ豆腐です。
これで、388円でした。安ぅ~。お得ぅ~。通い詰めてぇ~。

後で小遣い帳つけている時にレシートを見て見ると、738キロカロリー、塩3g 赤1.9 緑0.5 黄6.9 って表示がしてありました。

夕暮れ時の小樽運河これは、夕暮れ時の “小樽運河” です。
夜とか、冬の雪の積もった時期は、きっともっとロマンチックなんだろうなぁ~って、思いながら界隈をぷらりぷらりと散歩してみると、界隈の建物はどれも実にクラシカルで、独特の風情を醸し出していました。
ただ、おいらはがさつなもんで、ガラス屋さんとかオルゴール屋さんとかが、多くてチョイと食傷気味だったかな。あっ、でも、北一硝子の高額なランプシェードは、綺麗だと思いました。

そんな中でココはいい!なって思ったのが、北一硝子三号館 “北一ホール” です。喫茶ホールになっていてお茶をしばくことができます。
北一ホールココは、撮影禁止のマークがテーブルにあったので画像がないのですが
天井の高い倉庫?のような建物の中で、ランプの灯火が揺らめいていてとても幻想的。
恋人同士なら、とんとん拍子で話がまとまるんやろなってこと思いながら、そりゃぁ思う壺やで…とか思いながら、私はひとりでホットコーヒー(380円)を ズーズーすすってました。

そして、多分そうだと思うんだけど、下の画像は “メルヘン交差点” 
メルヘン交差点

たまたまオルゴール屋さんを出たら、丁度6時だったらしく、蒸気を吹き出して時報を知らせ始めました。

さて、今まで山に登ったのは日中ばかりでしたので、夜景に挑戦してみたくなりました。
そこで、北海道三大夜景のひとつとされている “天狗山” に行ってみることにしました。
天狗山夜景天狗山へは、小樽駅や大きなホテル前からシャトル運行しているバス200円で麓まで行ってロープウェイ(往復1,000円)私はクーポン利用の900円で行ってきました。
山頂には、天狗が奉ってあって、沢山の天狗のお面とご対面出来ます。
また、入り口すぐの天狗の鼻をサスって願い事を唱えると願いが叶うらしいです。
人のいない時を見計らって、わたしも良いご縁に恵まれますようにと両手でなでてきました。
むふふふ。

ちょっと、休憩しましょう・・・

札幌小樽の旅をしていて、見つけたものです。

お土産品3つ
小樽の売店で見つけました。
なんか、通行手形が小っちゃくなっちまいましたね。
ご時世というものなんですねぇ・・・しみじみぃ~

これで、三角形のペナントがあれば・・・

      買うんか? 




       いえ、買いません、、
       ごめんちゃい。

海鮮生ちらし

石原裕次郎記念館を見た帰り道、ショッピングセンター?の中にある黒崎水産で “海鮮生ちらし”  1,260円を食べました。
これはGW期間だけのサービスメニューです。この値段で、このボリューム!!
お得で美味しくって、満腹太郎になりました。

ごっつあんでやんした。


ボスお出迎え札幌から小樽へは、JRで発売されている企画乗車券“石原裕次郎記念館きっぷ”2,340円を利用して移動します。
これには、記念館の入場券1,500円も含まれていて区間乗り降り自由で2日間有効なので、お得です。途中小樽築港で下車し、念願の記念館に行ってきました。
この路線は途中、海にすごく近くなったりするので車窓から海の景色を楽しむことが出来ます。
駅の改札口を出ると、ボス直々にお出迎えであります。恐縮であります。
ほんまにここに来たんやと思って、心臓がバクバクした瞬間でもあります。駅からは、少し遠いですがショッピングセンター?の中を通っていくと雨の日でも寒くてもへっちゃらです。

石原裕次郎記念館展示の内容
館内では、ボスと一緒に写真を撮ったりするスタジオがあったり、グッズ売り場や、ティーラウンジがあります。そして、1階ではセットの再現、ヒットナンバーやCMの一コマをTVモニターやワイドスクリーンで見ることが出来きます。また、若い頃の映画作品やレコジャケ、ポスターの数々、そして西部警察や太陽に吠えろのボスを(写真だけど)見ることが出来ます。
2階では、愛用品の数々、ハワイ・成城のお家の再現、まき子夫人とのヒストリーとかも惜しげもなく展示されていて、本当に見応えがありました。
渡ブレンドの裕次郎ソフトクリーム心ゆくまでボスに触れた後は、ボスの愛した海を眺めながら、“渡ブレンド裕次郎ソフトクリーム” 380円をティーラウンジで食べました。
ちょっと甘めで、ミルクの味が効いていて、口溶けが良く昔食べた懐かしいソフトの味を思い出します。
私は、このタイプのソフトが好きなので、大変美味しく思いました。

思い切って、訪れてみて本当に良かったと思いました。。

六花亭のお菓子六花亭の“カスタードプリン”“おふたりで”を買って食べてみました。
プリンは朝のおめざとして、おふたりではモエレ沼公園に行くとき、おやつとして持っていって、おふたりでをひとりで食べました。
おふたりでは、ふんわりとしたダックワーズで柔らかくてとても美味しかったです。
六花亭さんの白地にいろんな花の模様。可愛くて大好き!!

あじさい今度は、函館麺厨房“あじさい”“函館塩ラーメン”(650円)です。
エスタ10階にある札幌らーめん共和国は、JR札幌駅直結しているから方向音痴の私でも道に迷うこともなく便利なんですね。
オーダーした塩ラーメンは、麺が細くて、スープも透明で実にあっさりしています。
でも、ダシが効いていて味わいがあります。
女性の方に人気があると小耳に挟み食べてみたのですが頷けました。
でも、やっぱり私は濃ゅ~い方が好みかな。