GWの“札幌小樽の旅”については、これで終わりです。

最後は、らーめん共和国やかま栄のあるエスタの地下1階で買っておいた
“ぽっぽまんじゅう”(6個入500円)を取り出し、機内サービスのコーヒーと共に…。
ぽっぽまんじゅう
試食してみて、これは旨い!!!!  と思ったからお土産にしました。

って、いきなり自分が食って ますがな!!!!


話は変わるけど、今回の旅、ほんまに思い切って行って良かった・・・。
また、どこかに行きたいにゃ。
その為には働いて(でもお給金は少ないので)、倹約して、お金を貯めなくっちゃ!!!!

小樽ジャージープリン新千歳空港は、お土産物屋さんでいっぷぁい。
搭乗までの明き時間に、ウロチョロしていているとLeTAO の “小樽ジャージープリン” が売っていたので購入して飛行機をみながら食べました。
上の白い部分は、濃厚なミルク味…というか練乳っぽい味がしたにゃ。
プリンは中位の堅さでキャラメルは汁タイプ。
うみゃぁ~。 ほんまに噂通りの美味しさでした♪
御代は1個350円でいた。

カシススムージー

北大散策の後、帰路に向かうワケですが、途中ポカポカ陽気でノドが乾いたので
PASEO 1階 Little juice bar “カシススムージー” (480円)をがぶ飲み。
あのコーヒーの系列なのかな~。お店にロゴがありました。
ココは野菜ソムリエの資格を持っている方がサーブしてくれはるそうです。
とてもフレッシュで、カシスも一杯入っていて、美味しかったです。
上に乗っているカシス増量はGW期間だけのサービス!!!! 満足、満足、大満足でした。 

   
最後は、ちょっと時間があったので、北海道大学の“北大総合博物館”に立ち寄りました。お目当ては、恐竜の絵を栞で見かけたからです。一度実物を見てみたかったんです。それに入場が “タダ” っちゅうのも魅力的です。
北大総合博物館恐竜
左が“ニッポノサウルス”(日本竜)、右が“デスモスティルス”(大型ほ乳類)です。
予想外にチョット小ぶりでしたが、やっぱりこんな生き物がおって動いちょったら…と思うと、怖いです。それと・・・珍しいものを見たなと思ったのは・・・
マンモス
マンモスのコーナーで、此処では、マンモスの毛や牙、歯、臼歯が展示してあって、歯と臼歯には実際に触ることができました。
あと、わたしが時間をかけて見入ってしまったのが、化石や鉱物、隕石、地質の標本です。
標本の数々

遙か遠い昔の化石、そして、何年もかかってちょっとずつちょっとずつ出来たんだろうなぁと思いながら石や地質の層を眺めていると、時間を忘れちゃいそうでした。
いやぁ~、自分でもこんなに石とか土に惹かれちゃうなんて、思わなかったとです。
とにかく、標本の数が多いのにも驚かされました。すごいです。

そんなこんなで、新渡戸さんやポプラ並木まで歩いてみると、お腹が空いてきたので、学内の生協 “中央食堂”で食事をしました。
学食わたしが食べたのは、カレー、いんげんの胡麻和え、そして道内大豆で出来ているという寄せ豆腐です。
これで、388円でした。安ぅ~。お得ぅ~。通い詰めてぇ~。

後で小遣い帳つけている時にレシートを見て見ると、738キロカロリー、塩3g 赤1.9 緑0.5 黄6.9 って表示がしてありました。

夕暮れ時の小樽運河これは、夕暮れ時の “小樽運河” です。
夜とか、冬の雪の積もった時期は、きっともっとロマンチックなんだろうなぁ~って、思いながら界隈をぷらりぷらりと散歩してみると、界隈の建物はどれも実にクラシカルで、独特の風情を醸し出していました。
ただ、おいらはがさつなもんで、ガラス屋さんとかオルゴール屋さんとかが、多くてチョイと食傷気味だったかな。あっ、でも、北一硝子の高額なランプシェードは、綺麗だと思いました。

そんな中でココはいい!なって思ったのが、北一硝子三号館 “北一ホール” です。喫茶ホールになっていてお茶をしばくことができます。
北一ホールココは、撮影禁止のマークがテーブルにあったので画像がないのですが
天井の高い倉庫?のような建物の中で、ランプの灯火が揺らめいていてとても幻想的。
恋人同士なら、とんとん拍子で話がまとまるんやろなってこと思いながら、そりゃぁ思う壺やで…とか思いながら、私はひとりでホットコーヒー(380円)を ズーズーすすってました。

そして、多分そうだと思うんだけど、下の画像は “メルヘン交差点” 
メルヘン交差点

たまたまオルゴール屋さんを出たら、丁度6時だったらしく、蒸気を吹き出して時報を知らせ始めました。

さて、今まで山に登ったのは日中ばかりでしたので、夜景に挑戦してみたくなりました。
そこで、北海道三大夜景のひとつとされている “天狗山” に行ってみることにしました。
天狗山夜景天狗山へは、小樽駅や大きなホテル前からシャトル運行しているバス200円で麓まで行ってロープウェイ(往復1,000円)私はクーポン利用の900円で行ってきました。
山頂には、天狗が奉ってあって、沢山の天狗のお面とご対面出来ます。
また、入り口すぐの天狗の鼻をサスって願い事を唱えると願いが叶うらしいです。
人のいない時を見計らって、わたしも良いご縁に恵まれますようにと両手でなでてきました。
むふふふ。