夜空にそびえ立つ京都タワー本家第一旭たかばし本店で特製ラーメンを食べてお店を出ると、すっかり日も暮れていて、京都駅前では、京都タワーが夜空に煌々と輝いでおりました。
京都小旅行の最後は、ココの展望台に昇って、京都の夜景を撮影しようと思っていたんだけれど、あぁ~、ヘタこいたあ~、クーポンをプリントアウトして持ってくるのを忘れちょりました。 で、どうしようか迷った挙げ句、また京都に来るし、今日はこれくらいにしといたろ・・・ということで展望台は見送りました(せっ、せこい
でも、タワー内はうろちょろしました。 レトロな味のあるお土産もの屋さんを見てまわったり、飲食店街をみたり・・・、そして、なんと、この京都タワー・・・、地下3階が大浴場になっているんです! びっくり!
京都タワーの地下3階の銭湯料金にはタオル、石けん、シャンプー、リンス、ドライヤーが込みなっていて(但しバスタオルは1枚 100円)、大人750円、小人450円で誰でも入れるんだって。 京都タワー宿泊者は400円らしいけど。 深夜バスとかで京都にきはった人なんかには、朝7時からやっているらしいから利用するのちょうどええと思いました。
今度、京都に来たときは、絶対京都タワーに昇って、お茶をしばこうと思いました。 楽しかったな、京都、また今度まで、あばよ。
      FC2ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けたら 嬉しいです。
             FC2ブログランキング用バナー
本家第一旭たかばし本店の店構えせっかく京都に来たのだから、京都ならではもので、美味しくてお値段もリーズナブルなものを食べようと思っていました。 それで、“本家第一旭たかばし本店” でラーメンを食べることにしました。 ココはJR京都駅から歩いて5分ほど塩小路高倉交差点右折したところにあるので、迷子にもならずに済むんぢゃぁないかと思ったからです。 しばらく歩いてゆくと、ええ、ありました、ありました、最初は新福菜館本店という赤い看板が見えて、すぐそのお隣さん、2軒が並んでありました。
道には迷わないですが、どちらを食べようか、迷っちゃいましたわ
本家第一旭たかばし本店の特製ラーメン結局、最初に、たかばし本店のラーメンと決めていたので、こちらで 特製ラーメン”(750円) を食べました、旅の晩餐だもの、特製です、はりこみました!
給仕されたのは、スゴイたくさんの焼き豚が乗っかってます、嬉ぴぃ~ でも、たくさんの具で麺が見えないっと思ったので、お箸ではさんで麺を撮ろうとしたのですが、おっとっとっと、上手くゆきませんでした。 えっと、麺は中太のストレート麺でした。
箸入れするもぐだぐだに・・・
一見、醤油の濃い色と焼き豚で濃ゆそうですが、意外とあっさりしていて美味しかったです。 さすが本家さんですね。
      FC2ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けたら 嬉しいです。
             FC2ブログランキング用バナー
金閣寺からは歩いて、枯山水方丈の“石庭”で有名な “龍安寺” を目指しました。 道順なんて全然知らないけれど、さいわい休日で観光客が多かったので、たぶん龍安寺を目指してはるであろう人のあとをくっついてゆくと、龍安寺まで行くことができました。 ぶほほほほほほほ、でも意外と遠くて、チョイでぶのおいらにとっては辛いみちのりでありました
龍安寺の石庭
行楽の休日だったこともあり、拝観出来るステージからは観光客がこぼれ落ちそうなくらい混雑していていました。 子供がお父さんから “石が何個あるかかぞえてごらん” と云われて端から端まで走って石を数えてたり、1個足りないよぉぉっとか、やんやわんやとスゴイ賑わいようです。 ふっ、かわいい奴よのぉ、しからばわたくしが数えてみまひょう、ひぃ、ふぅ、みぃ・・・、あっれぇ、十三個しかない (正解は十五個あります)
そんな賑やかな中にいながらも石庭を眺めてしばらくすると人の声も騒音も薄れていくから不思議です。
龍安寺庫裡前石の階段龍安寺の境内から眺める苔
ココは石庭もいいけれど、他にもいいなと思ったポイントが幾つかありました。 庫裡への眺め、方丈の脇の庭の 、特に苔は、おいらの大好物!ぢゃなくって、大好きなもの、眺めていると落ち着きます。
それと、この時期のココのもみじ・・・陽がさすと葉が透けて、あおあおとみずみずしくて、ほんとキレイでありました。 濃いや薄いみどりの効果がよかった、よかった、満足しました。
龍安寺のあおいもみじ龍安寺内を歩く鏡容池と遊泳するカモ
あっ、そやそや・・・、それと石庭は簡素やのに、一方では池泉回遊式庭園とか云うてデカイ庭園があって、デカイ“鏡容池”があるのは、対照的で面白いと思いました。 ハスがいっぱい浮いていたので、ハスの花が咲く頃に来て見てみたいものです。
そして、このデカイ池には、カモ? カモだよね、カモが泳いでました。
“かぁ~もかも、かもぉ~ん”と手招きしても、ハスがあるせいか、なかなか近くにはきませんでした、つれないなぁ・・・・でも、ある場所の岸辺に寄って来てくれてました、キュピールルるぅう~ん。
さて、これで京都日帰りで訪れたお寺は、終わりです。 お次は、夕飯で食べたものです。
      FC2ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けたら 嬉しいです。
             FC2ブログランキング用バナー
続きましては、黄金に輝く “金閣寺” へ行くことにしました。 入場券が御札になっています、ありがたいでんな。
金閣寺\金閣寺と御札になっている入場券
この日も金閣寺は、まばやく輝いていて、そのこうごうしさに見た人達から思わずOh!(お”ぉ)という感嘆の声が上がっていました。 もちろんわたしもお”ぉっ!と云ってしまいました。
金さんを目の当たりにして外人さんは、写真撮る撮る撮りまくりサンスケでした。 なんてったて、ゴールデンテンプルやもんな、わかるだわさ。。わたしなんか、本意気で、金さんのミニチュアの置きもんをこおて(買って)帰ろうかと思ったくらいやもん。 しかしそれにしちも、中はどんな造りになっているのでありましょう・・・、きっと金ピカでリッチな造りになっているんやろなぁ、一度見てみたいものです。
さて次は、左端から、義満が茶を点てるときに使ったといわれている湧き水“銀河泉”、“龍門滝”、“白蛇の塚”など、順路に従って行くとあります。
銀河泉龍門の滝白蛇の塚
下のは茶席 “夕佳亭”です。
夕佳亭金閣寺帰り道の手すりところで、門を出た帰り道の手すりが黄金の色に見えたんだけど、気のせいやろか? 金色に見えたのは最初の方でさきに行くに従ってただの銅の色になってましたけれど、禿げたんやろか。それとももともと銅なんやろか、とか思ったりしましたけど、 まっ、げっすいことは考えないで、次の場所へ移動です、つづく・・・
      FC2ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けたら 嬉しいです。
             FC2ブログランキング用バナー
清水寺の入場券清水寺三重の塔続いて、停留所 五条坂で降りて、行きはゆるやかな坂道の ちゃわん坂を歩いて “清水寺”へ・・・
ココは名所の中の名所! この日も、それはそれはスゴイ人の混みようでありました。
帰りは、石畳のステキな産寧坂、二年坂から写真を撮りながら・・・って、思っていたのですが、すんげぇ人だったので、画像は断念しました
えっと、右の画像は、“三重の塔”です。色鮮やかです。
国宝本堂舞台それにしちも、清水さんから見る景色は絶景です。 あまりにも素晴らしいので、端へ端へと行ったりなんかして、つい下を見ちゃったりなんかすると、がっちょぉお~ん、 高所恐怖症なので、腰が抜けそうになります。
また別の角度から本堂舞台の有様を見てみると、あらためて、すんげぇ造りになっていて、よく保たれているなぁあと感心しちゃいます。
地主神社の恋占い石そうそう、清水さんには、縁結びの神様として有名な“地主神社”がありますな。 ココにも数回、来たことがます、それはそれは熱心にお参りをし、おみくじの善し悪しに一喜一憂し、お守りも大事に持っていましたが・・・、それはまだ恋愛に夢もちぼぉー(希望)あったときのこと・・・、そうそう、“恋占いの石” もやったことがありました。 その時は友人のアドバイスもあってか、ちゃんと石に辿り着くことができていたのに・・・まさかこんな歳になるまで、ひとりでいつづけているなんて、さらっさら思いもしていませんでしたな、とほほほ。
音羽の滝そして、 “音羽の滝”
三筋の滝は、向かって左が学問成就、真ん中が恋愛成就、右が延命長寿の水で、どれかひと口だけ飲んでお祈りするというもの。
わたしの場合は、もちっろぉ~ん、恋愛成就でおました。 なぜなら、ただたんに長生きしていても恋愛があかんかったら生きている意味がないぢゃん、恋愛が成就したら長生きする必要もないし、ぬぁ~んて、その当時(十代のころ)はそう思って恋愛成就を選んで飲んだこともありましたが・・・。
今は、延命長寿かなぁ、ふがふが・・・。 やっぱり健康がいちばんやで、とか思ったり、いやはや変わるもんですな。
ほんまに清水さんはみどころ満載やわぁ
さっ、次の名所にまいりまひょか。
      FC2ブログランキングに参加しています。 クリックして頂けたら 嬉しいです。
             FC2ブログランキング用バナー